楽天の買いまわりで「得するとき」と「損するとき」の境界線は10万円

買いまわりは、たくさんのショップで買えば買うほど、ポイントがつくキャンペーンです。

主に、『楽天スーパーSALE』『楽天マラソン』でポイントUPの条件として実施されていいます。

買いまわりキャンペーンをお得に利用できるのは、『楽天で買いたい商品がたくさんあるとき』です。

ただし、10店舗買いまわりして、最高の10倍ポイントを達成しても、付与されるのは『最大10,000ポイントまで』という制限があります。

よって、無理やり10店舗を達成して『得するとき』と『損するとき』があります。

結論から言うと、

合計10万円以上の買い物をするときは、無理にでも購入ショップ数を増やした方が得な場合が多い。

合計10万円未満なら、無理して購入ショップ数を増やす必要がない場合が多い。

買いまわりで貰えるポイントと合計金額の関係

倍率 1万円 10万円 20万円
1 100pt 1,000pt 2,000pt
2 200pt 2,000pt 4,000pt
3 300pt 3,000pt 6,000pt
4 400pt 4,000pt 8,000pt
5 500pt 5,000pt 10,000pt
6 600pt 6,000pt 10,000pt
7 700pt 7,000pt 10,000pt
8 800pt 8,000pt 10,000pt
9 900pt 9,000pt 10,000pt
10 1,000pt 10,000pt 10,000pt

例えば、

「今、やっと9店舗達成!あと一店舗で買い物すればポイント10倍になる!」

ってとき。

「購入金額の合計がいくらになるのか?」で”得”か?”損”か?大きく違います。

合計金額が1万円のとき

9店舗 :10,000円 × 0.09(9倍) = 貰える合計ポイント『900pt』

10店舗:10,000円 × 0.10(10倍) = 貰える合計ポイント『1,000pt』

最低1,000円以上の商品を買わないとカウントされないので、1,000円のものを無理やり購入したとしても、たった100ptしかお得になりません。

合計金額が10万円のとき

9店舗 :100,000円 × 0.09(9倍) = 貰える合計ポイント『9,000pt』

10店舗:100,000円 × 0.10(10倍) = 貰える合計ポイント『10,000pt』

一店舗の違いで貰えるポイントが1,000ptも違います。

つまり、10店舗目は1,000円のものを買えば、10店舗目のものは実質無料です。

合計金額が20万円のとき

5店舗で購入すれば、上限の10,000ptに達します。

もし、4店舗の購入しかない場合は、無理して1,000円以上の商品を購入すれば、+2,000ポイントもらえるポイントが増えることになります。

関連記事

楽天セール中の値段は本当に安いのか?通常価格を調べる方法
楽天セール中のリアルタイムランキングには気をつけろ!使える時間が極端に短い半額クーポンのトリック
値段だけで比較するとAmazonの方が安いけど、楽天ポイントを含めたら、実質安いのは楽天のセール
「楽天セールのポイント〇倍って、実質何倍なのか?」って話
楽天の買いまわりで「得するとき」と「損するとき」の境界線は10万円
買いまわりは、実は売れないショップを助けるためのキャンペーン
楽天の『SPU』とは、スーパーポイントアッププログラムの略。一言コメントで分かる条件の厳しさ
『楽天スーパーDEAL』とは、正直な高ポイント還元サービス。DEAL対象商品の探し方
「あとちょっとで送料無料なのに」「10ショップ達成まであと1店舗なのに」ってときの対処法
メルマガ登録していないアナタは、『50%オフクーポン』を見逃しているかもしれない
楽天のショップ別メルマガ登録ページ
【ランキング】最もオトクな楽天セールはどれだ!?
『楽天セール調査隊』運営者プロフィール